neo不動産.com > 不動産と生活コラム > 住みやすい街ランキング!from東京中央線!

住みやすい街ランキング!from東京中央線!

この記事は約 6 分で読めます
[掲載日]2018/02/22

いよいよ新生活の準備が始まる時期ですね。
みなさんは、引っ越しの準備やどこに住みたいか?いろいろと情報収集をしている最中なのではないでしょうか?

憧れの東京で、様々な出会いや出来事に遭遇したいという方も多いはずです。
ここでは、東京の「住みやすいところランキング」の中でも中央線にスポットを当て紹介したいと思います。

 

 

根強い人気、中央線!!

「中央線はすぐに人身事故で停まるからイヤ!」、「雪に弱い」というイメージが強い沿線ですが・・・そんなことはありません!!

特に「アニメオタク」が集まる「中野」や「荻窪」、休日、祝日は停車しない「西荻窪」、「阿佐ヶ谷」、「高円寺」は「穴場スポット」でもあるのです。

例えば「阿佐ヶ谷」や「高円寺」は夏祭りが盛んで、七夕まつりや阿波踊りなどで有名なところでもありますし、最近、テレビで知ったのですが、「西荻窪」などは「スナック」に女性が一人で店に入れる工夫がされているなどなど・・・中央線沿線には、「降りてみないとわからない良さ」がたくさんあるのです。

つい、若者の街「吉祥寺」というイメージが強い中央線ですが、全くそういうことではないといえるでしょう。

まずは、私がお勧めする「中央線沿線」の「住みやすいところランキングベスト5」を紹介します。

 

 

みんなで阿波踊り!!「高円寺」

ねじめ正一さんの著書「高円寺純情商店街」の舞台にもなった「高円寺」は、私も仕事で使わせていただいたことがあります。
昔ながらのお店や今の文化に合わせたお店が様々な形でコラボしている「高円寺」は、老若男女問わず集まる不思議な街なのです。

毎年8月に行われる「高円寺阿波踊り」は、中央線沿線最大のお祭りで3日間で100万人の方が観客に来ると言われています。また、本家の徳島県からも参加があり、参加数は1万人と言われており、東京では最大の盛り上がりを見せています。

様々なお店があるだけにわざわざ新宿や池袋、渋谷といった繁華街に行かなくても、モノがなんでも「揃う」ところが高円寺のいいところだと思います。

高円寺の家賃相場は、ワンルームで約7万円からでファミリータイプになると約18万程度で借りることができます。

 

 

高円寺には負けません!「阿佐ヶ谷」

お笑い芸人が集まると言われている「阿佐ヶ谷」は、高円寺に負けじと様々な商店街が軒を連ねている街のひとつ。
太陽の神といわれる天照大御神(アマテラスオオミカミ) をお祀りしている「阿佐ヶ谷神明宮」をはじめ、毎年8月7日の旧暦から5日間スタートする「七夕まつり」でも有名なところです。

阿佐ヶ谷も高円寺と同じで繁華街に出なくても様々な「モノ」がなんでも揃う商店街が多く、とくに「パールセンター」は七夕まつりの発祥の地でもあるのです。

阿佐ヶ谷の家賃相場は、ワンルームで約8万円からでファミリータイプになると、約15万円で借りることができます。

 

 

実は、じいや・ばあやの街?!「荻窪」

荻窪といえば、「東京ラーメン」の発祥の地でも有名なくらい様々な「ラーメン屋」さんがありますが、実は荻窪駅のある杉並区は、23区でもトップクラスの「超高齢社会」の街。

駅前の商店街から一歩外れると、閑静な住宅街に高齢者の方がとても多い街でもあるのです。駅が「ファッションビル」があるのと、青梅街道沿いに広がるラーメン屋さんは、どこに入ればいいかわからなくなるほど「迷ってしまう」おいしいラーメン屋さんが多いのですが・・・。

一瞬、「ファッションビル」があるのならと若者が多いというイメージがありそうですが、実は「高齢者」に向いた街でもあり、「まさに中央線の巣鴨」なのです。

荻窪の家賃相場は、ワンルームで約7万円からでファミリータイプでは約20万程度で借りることができます。

 

 

ようこそ!西多摩へ!「立川」

こっからは一気に特別快速で西に向かいます!!
年間利用者数50万人。自然多い西多摩の入口でもある「立川」は、南武線や青梅線、多摩都市モノレールが連結している大きな街なのです。

バスを使わなければ自宅に帰れないというデメリットはありますが、駅前にはビックカメラやヤマダ電機、高島屋や伊勢丹など有名店がたくさんあります。
また、南口には「ウィンズ立川」、北口には「立川競輪」とギャンブラーの集まるところもあり、ちょっと「品の悪い方」も集まる場所でもあります。

立川のすごさはこれだけではありません!!

立川市から昭島市にかけて広がる「国営昭和記念公園」や西多摩最大の医療機関「災害医療センター」、「陸上自衛隊立川駐屯地」など万が一、都心が何らかの形で「マヒ」した場合に「政府」が移転できる機関がたくさんあるのです。

まさに立川は「西の東京の中心地」でもあるのです。

立川の家賃相場は、バスやその他の交通機関にもよりますが、
ワンルームで約6万円からファミリータイプでは約16万円で借りることができます。

 

 

東京都初の「中核指定都市」!「八王子」

立川が西の東京の中心地なら南の中心地は「八王子」。
約60万人が住んでいると言われている八王子は、東京都で初の中核指定都市になりました。
八王子駅は、横浜線、ちょっとローカルチックな八高線が連携している駅。
そして、歩いて約10分歩いていくと、京王線の出発口の「京王八王子駅」があります。

市の面積そのものが広いので、駅から徒歩圏内で借りられる物件もあれば、少しバスや電車を乗り換えて行かなければならないと物件が見つからないところがちょっとデメリットですが、「高尾山」がある「高尾」まで行くと、それはそれは素晴らしい自然に恵まれた街でもあるのです。

また、甲州街道にはいちょう並木があり、毎年11月には甲州街道を封鎖して、「いちょう祭り」が行われたり、毎年8月の最初の土日は、山車を出して甲州街道中を走り回る「八王子まつり」、7月の最終土曜日には「市民花火大会」が開催されるなど、大きいイベントがたくさんある以外に「学生の街」ともいわれ、夕方には駅前に高校生から大学生までが集まります。

そして忘れてはいけないのが、「ファンキーモンキーベイビーズ」が生まれた場所でもあるってことです!!
私も大ファンでした・・・。
京王八王子駅の発車メロディーは、1番線が「ヒーロー」、2番線が「あとひとつ」の一部がかかります。

八王子市の家賃相場は、徒歩圏から公共交通機関を乗り換えて借りるまで幅が広いため、
まずは、八王子のどのあたり住みたいかをよく精査してから決めることをお勧めします。

 

 

ランキング番外編!ちょっと残念!!「若者の街」 「吉祥寺」

吉祥寺といえば、中央線の中核駅でもあり、京王井の頭線から急行で30分程度で渋谷へ出ることができ、井の頭公園や若者向けのお店やちょっとノスタルジックなお店、吉祥寺最大の商店街の「サンロード」などで土日になると、若者からファミリーまでが集う街でもあるのですが、実に残念なことがあり、「自転車」で吉祥寺周辺を巡ったほうがいいということです。

しかし、路上自転車も条例でできないようになってしまっているので、短時間でもパーキング以外のところに止めてしまうと、ステッカーが貼られてしまうし、自転車も専用のコインパーキングなどがあるのですが、止めようとしたら、自転車を止めようとして渋滞していることもあったりするのです。

つまり、ちょっと「お金がかかる街」でもあるのです。
私も自転車で吉祥寺周辺をぐるぐると回りましたが、歩行者とコミュニティバスが登場されてしまうと、自転車でも太刀打ちできない状態になってしまった経験があります。

最近では、最新のマンションが吉祥寺の中心地から離れたところに建設ラッシュになっていますが、
もし、吉祥寺に住みたいと思うのであれば、なるべく中心地から離れること、バスなどの交通機関を使えるところに住んでみたほうがいいと個人的には思います。

吉祥寺の家賃相場は、ワンルームで約5万円からファミリータイプでは約20万円から借りることができます。

 

 

まとめ

「なんだ、中央線いいところあるじゃん!」と思っていただけたでしょうか?
まだまだ紹介したい「中央線沿線」はあるのですが、中央線沿線でも「かなり人気のある街」を中心にランキングしてしまいました。
ぜひ、参考にしていただき、「人身事故」が起きても「動じない心」を身に着けるためにも、「中央線沿線」で物件を探してみてはいかがでしょうか?

コメントをする

メールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。

掲載料0円!
個人のオーナーでも簡単に広告が出せる!
新規登録はこちら
一般のお客さんや大家・不動産会社へ
PRしたい業者さん 新規登録はこちら